スタバ 新作

スターバックスの夏にピッタリの新作フラペチーノが、早くも飛ぶように売れています。
その名も「ピーチピンクフルーツフラペチーノ」。
桃の果肉をベースに、ピーチとピンクグレープフルーツで甘酸っぱいさわやかさを演出。
ホイップクリームにもピーチの濃縮果汁が使われており、まさにピンク尽くし、ピーチ尽くしになっています。

こちらは20日の発売からすでに大好評。
ゴクゴク飲めるようにサイズはトールのみで、価格は税込み620円になっています。
カロリーは242kcalと、ちょっとした小腹を満たすのにも最適。
酷暑の夏に心強い新商品の登場です。

土用の丑の日 鰻

今日は土用の丑の日、うなぎを食べて夏バテ防止、という古くからの風習です。
発案者はエレキテルを発明した江戸時代の学者、平賀源内。
夏に鮮魚が売れないことを魚屋に相談され、夏は鰻、というチラシを店頭に出すことでバカ売れした、と伝わっています。
今でいうマーケティングといったところでしょうか。

近年シラスウナギの不漁が続いており、土用の丑の日に対する疑問の声も上がっていますが、もともとうなぎ好きである日本人ですし、そう簡単に変わらないでしょう。
それよりも最近は、鰻に代わる食べ物が人気になっています。
近畿大学が考案したなまずや、コンビニではうな次郎という白身魚の疑似ウナギもあります。

今後も食べ続けていくためには、柔軟な姿勢も必要になるでしょう。
とはいえこの酷暑に負けないためにも、鰻をはじめ精の付く食べ物で夏を乗り切りましょう。

水上バイク 救助

岡山と広島を中心に大きな被害をもたらした西日本豪雨。
その災害の最前線で活躍した人が話題になっています。

趣味の水上バイクで街を縦横無尽に駆け巡り、15時間ぶっ通しで実に120人もの救出を成し遂げた街のヒーロー。
正義のヒーロー、これほどまでにこの言葉が似合う人はそうそう出てこないでしょう。

今回のヒーローによる救出劇。
水上バイクを本格的な救助車両として導入しては、という意見も上がってきています。
さて、お国はどう動くか、今後の動向には注目です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000010-asahi-soci

出雲大社 しめ縄

縁結びのパワースポットとして人気の、島根県の出雲大社。
巨大なしめ縄は見た目のインパクトからも有名です。

その国内最大級の巨大しめ縄が、6年ぶりに取り替えられました。
町民ら約100人によって取り付けられており、美しい姿を再び見せています。

世界から観光客が訪れる出雲大社。
これからお盆にかけてさらに人が増えそうですし、注目も集まりそうです。

セブン ビールサーバー 中止

昨日発表になった、セブンイレブンの100円生ビールサーバー。
そして今日、本部からの指示により中止になりました。
理由は予想を超える反響により販売体制が整わないとのこと。

世間ではいろんな声が飛び交っています。
大きく分けると、中止になってよかった、見切り発車すぎ、というものです。

また、セブンほどの資本を持つ会社が販売体制を整えられないなんてことは考えにくいですし、外食産業などから圧力があったという見方もあります。
それらを総じて、あまりにビールサーバーアセスメントのレベルが低すぎるというのがおおまかな声です。
まだまだ話題になるでしょうし、今後の動向も注目です。