平昌五輪

2月9日の平昌五輪開会式までもう間もなく、開催国となる韓国では準備になにかとバタバタしているに違いない。
四年に一度の冬期オリンピック、スキーやスケートなど、迫力あり華やかあり、とても楽しみだ。
時差がそんなにないのもありがたい。

そんな現地平昌では、雪不足が心配されている。
道路はアスファルトがしっかりと見えており、いわゆるスキー場として想像できる姿からはほど遠い。
人工雪散布によって会場の雪は確保できるようだが、むしろそこまでしないとだめなのかという気持ちのほうが大きい。

もうこの際、人工だろうが天然だろうがかまわない。
当日にも雪不足、という状況にならないことを祈るばかりである。